世界的に見ても日本ほど様々なギャンブルが可能な国は、他にありません。競馬や競輪といった公営のギャンブルはアメリカやヨーロッパに存在しますし、パチンコやパチスロといった民間のギャンブル場も日本発祥とはいえ最近は韓国や台湾などで親しまれています。しかし、この両方が共存している国は、世界に日本しかありません。にもかかわらず、カジノは存在しないのです。日本のようにギャンブルが盛んな国であるのに、カジノがないのは少し異質なことかもしれません。アメリカにはラスベガスがあり、中華圏にはマカオがあり、人口の多い地域には世界的にみても大きなギャンブルの都市が存在しますが、日本にはいまだ出来あがらないのです。ただ時代の流れには逆らえず、日本にも数年以内に国産カジノができるのは間違いありません。

先日、国会でカジノ法案が成立し、日本国内に複合施設としてのカジノの建設が可能になりました。おそらく、建設への道は急ピッチで進むとは思いますが、現段階であくまでもそれは予定であり一朝一夕ではありません。いくつかの大都市が建設予定地として示されましたが、まず多くの住民から反対の意見が出ています。さらに政財界からも業種の特色上綿密な意見交換が必要であると発表されていますので、すぐに建設が始められるというわけではありません。ただここ数年以内に国産のカジノがどこかの都市に建設されるのは間違いないのです。

国産のカジノ建設が可能になったことによって、国としての法整備が更に必要で、ギャンブル依存症に関する法も、その一つです。すでにギャンブル依存症に関しては、様々な形で動き始めています。パチンコ業界がそのあおりをもろに受けていますが、概略としては少ない投資で諦めさせるというものです。パチンコでもパチスロでもほんの数年前までは、ハイリスクハイリターンが当たり前でした。パチンコであれば、500分の1で大当たりを引ける台が次回の大当たりまでの確率が80%という時代は、初当たりまでに時間もお金もかかる代わりに一度当たれば8割の確率で次回の当たりが約束されます。パチスロに至っては、もっと過激な設定で10万円使って20万円の当たりが一気に出るなどギャンブル性に富んだものでした。

しかし、この度成立した法規制ではこのハイリターンの部分だけを考慮しています。つまり、大当たりの確率はそのままにして、一回の当たりで得られる出玉の数をこれまでの4分の3に抑えられます。もちろん、その分1000円あたりの回転数を多少上げるなどメーカー側が企業努力を行ってはいますが、大まかに言えばお金をいくら使っても勝てる可能性が低くなったことになります。この法案が誘導しているのは、早めにあきらめさせるという考え方ですがこれは本末転倒です。ギャンブル依存症を抑えるのが目的であれば、リターンの部分を減らしては意味がないからです。人間は、本質的には誰でも負けず嫌いであるので、負けが続けば必ず取り返そうとします。

しかし、リターンの部分が低いのであればそれだけ取り返すのにも時間がかかってしまいますし、取り返せず負け続けてします人も多いはずです。なので、この法案は、ギャンブル依存症対策には一切なりえません。本当に依存症を軽減するのであれば、メーカー側や店側の利益ばかりを追い求めるのではなく、リターンの部分を高めて余裕を持ってギャンブルを楽しめるようにしなければ意味がないのではないでしょうか。法を決める人間は、客の目線を十分に理解して決定する必要があるのです。

国産のカジノができあがるのは間違いないのですが、現段階で日本人がカジノで遊ぶ方法は2つしかありません。一つは、実際にラスベガスやマカオに赴いて遊技する方法です。アメリカやヨーロッパ各国には大なり小なりのカジノがありますし、近くであれば韓国にもありますので意外に簡単に行けるかもしれません。ただあくまでも海外に行かなければなりませんので、それなりに時間も交通費も用意しなければ不可能です。もう一つの方法は、オンラインカジノです。オンラインカジノとは、インターネット上で開催されているネットカジノとなります。インターネットが通じる場所であれば、自宅でも外出先でも簡単に利用できます。現代は、総人口よりもスマートホンの量が多く、一家に一台以上のパソコンが設置されている事を考えるとまさにどこでも参加できるということです。

ここで少し疑問を感じる方もいるでしょう。日本国内でカジノで遊ぶことが禁止されているのに自宅で利用しても問題ないのかということです。確かに、よく芸能人が闇スロットで逮捕されたなどのニュースを目にしますので一見インターネットカジノも違法なのではと感じます。ただ結果から言うと全く問題はありません。オンラインカジノは、運営会社が全て海外の企業となっています。つまり、日本の企業が全く関係いない治外法権のギャンブル場なので自宅であろうと公園であろうと全く利用する事に問題は発生しないのです。もちろん、運営会社が日本の企業であれば、法律違反となりますので利用する前にしっかりと確認をしましょう。

これからオンラインカジノを初めて利用する方が、もう一つ心配になるとすればそれは信頼性です。オンラインカジノはほとんどの場合、生配信ではなくあくまでも映像のスロットやカードゲームでギャンブルを行います。つまり、運営会社が映像を操作して、好きな時に当たりを引かせて、好きなタイミングで外れさせることも可能なのではないかと不安に思うかもしれません。これは日本らしい考え方の一つです。日本のパチスロには設定という考え方が確かにあり、最近ではパチンコにも搭載され始めています。パチスロで考えると、設定1から設定6まであり、一般的に言えば設定6の台に座ることができれば一日打てば勝てる可能性が高くなります。

この設定は店側が決める事ができ、お客は前日の挙動などから予想して、朝早くから開店前に並び設定の良い台を目指します。つまり、ある程度の当たり方の操作は店側が可能であると言えます。もちろん、好きなタイミングで当たりはずれを遠隔操作する事は日本のパチンコでもパチスロでも禁止されていますが、あくまでも可能性の部分を操作する事は認められているのです。その印象がある為、オンラインカジノの様に実情が見えにくいギャンブルに対しての不信感は日本人であればしょうがないのかもしれません。ただ、少なくともオンラインカジノの大手であれば信頼性は申し分ないです。多くの場合、運営会社とゲームのシステム管理制作会社は全く別企業で関連性を持たせない様にしています。その為、運営会社が不正をしたくても、その方法がないので、安心して遊べます。

これからオンラインカジノを始めようと考えている方が、どの会場で遊べば良いのかわからないという事態に陥りやすいです。そこで気にしておきたいのが、マックスベットです。マックスベットとは、一回の賭け勝負において賭ける事ができる金額の上限です。つまり、マックスベットの金額が高ければ高いほど、当たった時の見返りが大きくなりますし、負けた時の反動も大きいです。逆にマックスベットの額が低ければ細かく賭け、見返りも少なくなります。初心者の方は、マックスベットの低い会場で遊び、投資を抑えることで適度に利用するのも一つの遊び方ですし、それなりに慣れて資金の使い方がある程度分かって来たら、マックスベットの上限が高い会場を試してみても良いかもしれません。玄人になればなるほど大きな賭けを楽しみたいと思うものですので、最終的にはマックスベットが高い会場探しが必要なのです。

どのオンラインカジノ会場を選べば良いかわからない時に参考にしたいのが、オンラインカジノランキングです。主に大手の会場となりますが、世界中で楽しまれている様々な会場を単なる利用者数や取引金額だけに留まらず、様々な条件で順位づけしたものがオンラインカジノランキングとなります。オンラインカジノランキングに掲載されている会場には様々な概要が簡単にみることができるようになっており、マックスベットの額やゲーム機種の詳細、レビューなどが確認できます。

ここで確認するべきなのがレビューです。最近では、レビューを業者に依頼して書かせるなどの行為も少なからずありますが、オンラインカジノランキングに掲載されている会場は全て大手の企業ですので、もとから非常に多くのレビューが集まり、自分の必要な情報を見極めなければなりません。その為、ありきたりな意見が書かれているものは無視して、ゲーム性やマックスベットの経験談など詳しいレビューを参考にしていきたいものです。

最近のオンラインカジノの流れとして、ボーナスという考え方があります。これは、主に登録時にもらえる特典の様なものです。初めて登録をした時に20ドルから30ドルのコインが入金なしでもらえたり、初回入金時に入金額と同じ金額のコインがもらえる事で、本来よりも2倍遊べるという具合となります。これは各会場によって要件などが違いますので、登録する前に確認をしなければなりませんが、確実にお得なので利用して損はありません。まずは、無料でもらえるコインだけを利用して、自分でも遊びやすい会場であると思えばそのまま通常の遊び場として利用すれば良いですし、少し難しいと感じたのであれば、他のサイトのお試しを更に続ければ問題なしです。

オンラインカジノは、マックスベットやボーナスなど利用する前に調べておいた方が良い情報が意外に多いギャンブルです。パチンコやパチスロよりもお金の動きが激しいのでしっかりと自分の遊び方を把握した上で、最適な会場選びは意外に難しいものです。その選択肢を狭める材料として、オンラインカジノランキングを活用しましょう。